居抜き物件と連帯保証人

居抜き物件を借りる際は、当然通常のスケルトン物件を借りるように賃貸借契約を取り交わします。

その際、個人事業者や新設法人の場合は第三者、若しくは身内の方に連帯保証人をお願いしなければいけません。

居抜き店舗に関しては、人それぞれの捉え方があり、肯定的な方もいれば否定的な方もいらっしゃいます。

そこで、よく見受けられるのが居抜き店舗を借りようとした際、連帯保証人予定者や身内に反対されることです。

いくら初期費用が安くとも、連帯保証人のリスクは一緒です。

開業には賛成しても、居抜き店舗で開業することに反対される方も多くいらっしゃいます。

すから、居抜きで開業を考える際、連帯保証人予定者がいらっしゃる場合は、予め理解を求めておくことが重要です。

その理解を求める際は、その物件を利用した際の自分のメリットばかりを話すのではなく、当然起こりうるデメリットも把握した上でメリットの方が大きいことを説明した方が良いでしょう。

メリットばかり話しては、理解や賛同を得ることは難しいといえます。

開業するにあたっては、協力者の理解が大切です!

———————————————————————————————

こちらのコラムは関東不動産会サポートメンバーによるコラムです。

記事に関するお問合せ、執筆者に対してのお問合せ等はこちらから

もしくは、上記「お問合せ」から、ご連絡下さい。

———————————————————————————————