フランチャイズ店舗の事業用賃貸借について

お店を出店する際の選択に、フランチャイズの加盟にて開業するという選択があります。

今回はフランチャイズについて、お話しさせていただきます。

まずフランチャイズとは、ブランドを持った企業がそのブランドの商標、商号を使用する権利、開発したブランド商品を扱う権利、営業上のノウハウなどを加盟店に提供し、同じブランドで営業を行わせ、その対価として加盟金ロイヤリティを支払う事業契約を言います。

このブランドやノウハウを提供する側をフランチャイザーと言い、受ける側をフランチャイジーと言います。

近年、どの業界でも多種多様なフランチャイズチェーンがありますが、いろいろな問題も耳にします。

まだ知識も充分に無い開業者の不安をあおり、充分な説明もせずフランチャイズ契約させるフランチャイザーも少なくはありません。

また、フランチャイズの知識も無く、サポート体制もないフランチャイザーがフランチャイジーを募集し、加盟金を支払わせお店そのものの運営をひっ迫させることも少なくはありません。

もちろん、優秀なフランチャイザーの企業もたくさんありますので誤解してほしくないのですが、フランチャイジーとして加盟するには、それなりのリスクがあるということを理解しなければいけません。

フランチャイズ加盟店の募集では、ブランド力による「安定性」と「高収入」を売りにしてますが、何も保証があるわけではないのです。

近年、高い加盟金と高いロイヤリティやサポート料をとる、所謂悪徳フランチャイズ商法も少なくありません。

私の知る限りでも、早期撤退者が多いフランチャイズもいくつかあります。

フランチャイズ店舗を仲介する場合、特に初めての開業の方などの場合には、加盟金やロイヤリティ、運営方法やサポート等のヒアリングを行い、貸主にも把握して頂く方がよいかもしれません。

特に問題が多いフランチャイザーの場合、ネット等でも簡単に調査ができますので、仲介業者はその様な調査を行う事も必要です。

もちろん良いフランチャイズも沢山あり、テナントとして入居する事により、テナントビルに良い効果をもたらす事もあります。

次回はこのサロンのフランチャイズ加盟のメリット・デメリットについて、不動産業者の観点からお話しさせていただきます。

———————————————————————————————

こちらのコラムは関東不動産会サポートメンバーによるコラムです。

記事に関するお問合せ、執筆者に対してのお問合せ等はこちらから

もしくは、上記「お問合せ」から、ご連絡下さい。

———————————————————————————————