お部屋をご内見する時の注意点

みなさん、こんにちは。引っ越しシーズンの突入となりました。

私も、正月明けから毎日の様にご案内に出かけています。

先日、私がご案内をした事のお話をしたいと思います。お部屋の中は、ハウスクリーニング完了の紙も

置いてあり見た目も、ハウスクリーニングもされておりお部屋の壁のクロス

も張替えされてとても綺麗でした。

しかし、よくお部屋を見ているとクローゼットの中のクロスにカビ・・?
の様な汚れがありました。。。

クローゼットの開け閉めもかたく閉めるのに一苦労など。。

次はバルコニーを出て、外を見ていると金具が取れていたりゴミが置いてあったり

最後に、室内を出る時に玄関ドアですが、閉めるのにドアがスムースに閉まらない。。

築年数はそんなには、古くない見た目も綺麗なマンションでしたが
ご内見時に、このような不具合を発見しました。

当然、管理会社へ連絡をいれご入居前までにご対応して頂く事に
しました。

ご内見をされる時は、ただお部屋を見るだけではなく窓や扉の開け閉め、

シャワー、水の水圧、窓や扉などの金具がとれていないか、バルコニーに出てみるなどもちろん

玄関ドアの鍵の開け閉めも不動産屋が行うので、きちんとドアが閉まるかご自分で確認すると良いと

思います。室内の設備、共有部分に関しては貸主の費用負担で修理、修繕

ができますので、ご内見の時にはよく注意してお部屋を見て下さいね。

実際に住んでみて、不具合に気が付く事も多くあると思いますが、その時はすぐに管理会社へ

ご連絡して対応をとってもらいましょう。

もし、管理会社へご連絡しにくい事などは、仲介会社の担当の方にご相談し、連絡してもらうのも良いと思います。

 

                                                                                   山本 美輪

 

———————————————————————————————

こちらのコラムは関東不動産会サポートメンバーによるコラムです。

記事に関するお問合せ、執筆者に対してのお問合せ等はこちらから

もしくは、上記「お問合せ」から、ご連絡下さい。

———————————————————————————————