無理なご要望と、そうでないご要望。

ダウンロード お部屋のお申込み時や、更新契約時。 「家賃を下げてほしい。」とご要望 をいただくことが時々あります。 ただやみくもに「下げてほしい!」というよりも、 相場や同じ物件でも違うお部屋の賃料を事前に調べてみると、 無理な要望なのか、下がる可能性がある要望なのかが ご自身でわかります。 無理な要望だとわかれば、下がらなかったとしても納得がいくし 下がる可能性がある要望であれば、お客様としては嬉しいですね。 先日、10年以上ご入居しているお客様が 更新をむかえる際に、家賃交渉が入りました。 今まで家賃滞納もなく、トラブルもない方で 他のお部屋の賃料も、2年前と少し状況が変わっていましたので 入居者様のご希望通りの賃料となり、 オーナー様もその方とあればと話がスムーズにすすみました。 かと思えば、 新規でお申込みされたお客様が 別の部屋と迷っているんだけど、あと3,000円さがれば この部屋にすると、空いたばかりのお問い合わせの多いお部屋で 交渉をいれるケースも稀にあります。 こういった時に、ご要望がとおらずお客様が損した気持ちにならないように ご説明をして、ご理解をいただくのですが やっぱりお客様からすれば、言った手前気まずいんじゃないかなと 感じる場合もありますので、気まずい思いをしないためにも 事前調査は大事っ。 わかならければ、遠慮せずに不動産屋さんの担当さんに聞いてみてください。 そこからまた新しい知識が得られたら、 お部屋探しが更に楽しくなりますね。