知っておくべき、おとり物件!!

みなさんこんにちは、先日の週末は関東大雪となり
寒さもましてきています。

大学受験の合格発表までもあと、少しとなりました。
合格発表の結果がでると、不動産屋でのお部屋探しを
してる方も今以上に増えてくる時期となります。

1度はお部屋を探されていた方は耳にして事があると思いますが
おとり物件が、この今の時代でも、実在しているという
とても悲しい現状です。。。

最近、私の方でお部屋をお探しをされているお客様の方でも
ポータルサイトで物件の条件を絞り、気に入ったお部屋の
URLを私に送りその物件の空き状況なでを
お調べする事が多くなっていますが、その時に10件情報
が送られてきて、実際に物件があるのは2.3件です。
それ以外は、確かに成約されている物件もありましたが
ほとんどは、明らかにおとり物件でした。。

なかなか、見分けするのは難しかと思いますが築年数も浅くて
駅からも近く、もちろん誰が見てもお部屋、外観なども綺麗な
物件で、賃料が相場より安く、これは安くて綺麗!と思った物件は
おとりの可能性が大きいです。

そういう物件にお問合せをすると、まず言われる事は「まだ空いています。ご来店いつできますか?」
と聞かれます。
実際にこういう物件でお問合せをし、おとり物件に足を運んだお客様から聞いた話しですと
すぐにご来店をしたのに
「先程、申込が入りましたので違うお部屋をご紹介致します」とか

「隣の住んでいる方がクレーマーで・・おかしい人が住んでいます」など言われたそうです。

私たちが運営している関東不動産会でも、おとり物件を、どうにか撲滅できないか・・と
同じ気持ちを持っている仲間を増やし不動産業界を変えていこうとしています。

ですが、現状はまだまだ行われてはいけない事が平気で行われています。
これからお部屋をお探しをする方は、信用ができる不動産屋、もしくは信用できる営業マンを
見つけることが、良いお部屋探しができるポイントだと思います。

 

                                       山本 美輪

 

 

———————————————————————————————

こちらのコラムは関東不動産会サポートメンバーによるコラムです。

記事に関するお問合せ、執筆者に対してのお問合せ等はこちらから

もしくは、上記「お問合せ」から、ご連絡下さい。

———————————————————————————————