家具選びのこつ

みなさん、こんにちは。3月になりましたがまだまだ、寒い時期が続きます。

この、時期引っ越しのシーズンでもあり、家具や家電を新しく購入する方も多いでしょう。

家具、インテリアなどが新しくなるのは、すごくわくわくして楽しいですよね。

今回は、失敗しない家具選びまでのこつを私なりにですがアドバイスできればと思います。

まずは、お部屋のイメージをまずは考えましょう。(例:レトロ風、リゾート風、アジアン風、イタリアン風、モダン和風など)

次に家具を購入する前に、必ずお部屋の採寸はしておきましょう。

お部屋の図面や間取りなどを大きく拡大しそこに、配置のレイアウトしていきます。

自分の手持ち家具がどれくらいあるのかチェックし、手持ちの家具が入るかどうか?

をまず、レイアウトしておくと良いでしょう。

自分の好み、イメージがわからないまま家具を買いに行くと時間もかかりますし

結局、行ったけど、色々な家具があり迷ってしまい、結局購入出来ないまま帰ってしまった・・

など時間を無駄にすることもあります。

あと、自分の好みがわからないまま買いに行くと、バラバラで統一感のないお部屋になってしまいます。

最近では、ネットでも店頭で販売されている物と似たような家具を安くて購入もできます。

家具を買いに行く前に、ネットでも情報を検索して調べておくと良いでしょう。

家具の中でもっともスペースをとるのが、ソファーです。

部屋の広さやテーブルの大きさをよく考えて、それでも必要かどうかはよく考えてから購入された方がいいと思います。

ソファーを置くと狭くなるな・・・と感じるなら、長い間座っても疲れない椅子を置いたりと、今は椅子も、色々なものがありますし

組み合わせや使い方は幾通りもあります。臨機応変にアイテムを組み合わせていく感覚は大事だと思います。

背の高い家具は、極力避けた方が、圧迫感がなくお部屋が広く見えますので、おすすめです。

私は、お部屋のご内見時には必ず、お客様がお持ちになっている家具を必ずヒアリングします。

ヒアリングしたら、実際入るかどうかと、お客様と一緒に簡単なレイアウトをその場でしてみます。

せっかく、お部屋を決めたのに、手持ちの家具が入らなくて買いなおさなければならない・・と言う風にならない為にも

お部屋を見る時から、手持ち家具や、新しく購入する家具を意識すると失敗をしないと思いますよ。

 

                                      山本 美輪

—————————————————————————————— 

こちらのコラムは関東不動産会サポートメンバーによるコラムです。

記事に関するお問合せ、執筆者に対してのお問合せ等はこちらから

もしくは、上記「お問合せ」から、ご連絡下さい。

———————————————————————————————