ハワイの不動産探しでまずはじめに行う事とは?

みなさん、こんにちは!大橋登です。

今年から、「不動産屋さんの引き出しシリーズ」から「ハワイの不動産」について
コラムを書こうと思います。

NGT2353 (1)

なぜ、ハワイ?なのかと言うと今年から私の業務がハワイの不動産に携わるからです(笑)
少しずつハワイでの不動産購入の基礎情報をお送り致します。

*************************************************

今回送るのは、ハワイの不動産を購入するうえで一番初めにやること。

それは、エージェント選びです。

ハワイの不動産は、現在売却中の不動産情報をMLS(Multiple listing service)というもので一元管理しています。
ですので、どこの不動産会社に行っても出してもらえる情報は一緒です。MLSの情報というのは不動産会社の人でなくても誰でも見る事ができます。

MLS情報を見たい方は右側の文字をクリック!→MLS

日本にも似たようなものでレインズと言われるシステムがありますが、その運用はまだまだハワイと比べ物にならないくらい閉鎖的で行く不動産会社によって持っている情報が違うのが現状です。
MLSでは物件が市場に出ている日数も分かるようになっていたり、不動産エージェントについてはその物件の過去の取引価格も遡ってみることができます。エージェントはその情報を頼りに自分の顧客にとっての最大の利益を考え行動します。

情報が一緒ということは、何が不動産探しで重要になるのか。

答えは、あなたの不動産選びのパートナーとなるエージェント選びです。

ハワイでは不動産売買の資格がなければ、取引ができません。日本でも宅地建物取引主任者の資格がありますが、会社の中で5人に1人持っていれば、その担当が宅地建物取引主任者の資格を持っていなかったとしてもご案内をしたり説明したりできます。
その点からしても、日本よりもハードルが高く厳格な仕事の一つとなっています。

すでに申し上げたとおり、良いエージェントはあなたへの最大の利益を考えて動いてくれます。
逆に売却側である売主にもエージェントが付きます。セラーズエージェントと言いますが、言うまでもなく売主の利益を最大限として考えますので、素人である買主さんがセラーズエージェントと交渉したとしても良い結果は生まれません。

ハワイでは水曜日と日曜日に現地販売会をやっています。情報は新聞の朝刊に載っています。
あなたにエージェントがいる場合、あなた1人で現地販売会に行ったとしても「わたしにはエージェントがいます」と言って直接交渉することは避けるようにします。

日本では双方代理のような取引があります。業界用語では「両手」なんて言います。これは買い手と売り手の担当者(会社)が同じことを意味し、日本の場合、売り手からも買い手からも仲介手数料が入りますので不動産会社としてはこの「両手」の方が売上も立ちます。
売却依頼を受けた物件情報を、本来であれば「レインズ」に登録しなければならないのですが、上記のことから登録をせず自社で情報を囲って買い手を自分たちで見つけてくる「両手」での契約を目指す会社が多くあります。本来「レインズ」も情報を一元管理し、買主を広く探し早く見つけ出す事が売主にとっても利益につながるはずですが。。。

ハワイでは上記のような双方代理のようなデュアル・エージェントというのは殆どありません。
売り手も買い手も共に自分のエージェントに交渉を任せ進めて行くのが基本です。
ですので、まずはご自身に合うエージェントを見つけるために、条件や購入目的、予算を伝えてコミュニケーションを取ってみましょう。
良い会社の良いエージェントが見つかれば、あなたにとって価値のある物件を必ず見つけられるはずです。

ご不明な点などございましたらお気軽に大橋宛にお電話下さい。

次回もハワイの不動産についてお伝えします!

———————————————————————————————

こちらのコラムは関東不動産会サポートメンバーによるコラムです。

記事に関するお問合せ、執筆者に対してのお問合せ等はこちらから

もしくは、上記「お問合せ」から、ご連絡下さい。

———————————————————————————————