不動産屋さんの引き出し①

1件見て決める人もいれば、10件、20件と見てもなかなか決められない人もいます。 賃貸も売買も月々払うお金を考えれば、お客様も不動産屋さんも常に真剣です。 そこにあるものは一体なんなのか? 物件の魅力の有無?タイミング?もちろんあるでしょう。 最近強く感じることがあります。 『いい物件は探す、、、のではなく、いい物件は創るものだと。』 探すんじゃなくて、営業の人と一緒になって創るものなんです!誰と創るかが大事(笑) いい物件を創るための手助けになれるようなお話をこのカテゴリーでは連載したいと 思います。                                     ノボル **************************************** 「建物や間取り支払いもいいんだけど、音だけが。。。ネック」 こんな経験はないでしょうか? 分譲でも賃貸でも特にマンションですと大きい通り沿いに面して建っていることが多いです。 都市計画法(都市の健全な発展と秩序ある整備を図ることを目的として制定された土地利用、 都市施設の整備を計画した法律)によって道路沿いは建物も高く建てられ燃えにく造らなけれ ばならないのでマンションが多いという理由があります。 中には閑静な住宅街にある低層タイプのマンションもありますが、多くが上記の理由から 幹線道路沿いに建っていることを考えると、騒音の問題は避けられません。 そんな時、この言葉を覚えていて下さい。 「マスキング」 テープじゃないですよ。 マスキングとは、ある一方の耳で聞こうとしている音を、もう片方の耳で聞こえない ように雑音をきかせることです。 ある音を別の音で消してしまう!! (笑) これ私本気で言ってます。 車の騒音は大体1000Hz、これ木々の擦れる音もだいたい同じだそうです! 木々の擦れる音なら問題ないのに車は騒音と感じる。 家の中に音楽を流しましょう!! ご案内の時はどうしても無音。。。だから外の音が非常に気になる。 そこで尋ねる。 「いつも自宅ではテレビ付けっぱなしですか?」 意外とみなさん、お料理を創っている時でもリビングでくつろぐ時でもテレビが流れっ ぱなしが多いと気づきます。 どうしても気になる場合は諦めてもらいますが、こんな提案もしてみても失礼はない ですよね! ノボルでした。