賃貸店舗の悪臭トラブルについて

店舗とって、悪臭は店の存続にかかる大きな問題です。 ご自身の仲介された店舗が後に入居したならまだしも、テナントビルで後から入居したテナントから悪臭によって問題が起きた場合、どの様に対処したらよいのでしょうか? もちろん、話し合いにより解決の糸口が見つかればよいのですが、それでも治まらない場合裁判で争わなければいけません。 しかし、立証責任があるなかで、悪臭を立証するのは容易ではありません。 それでは、どの様に立証したらよいのでしょうか? 判例では、顧客30人のアンケート等の報告書により、賃貸人(貸主)の債務不履行による損害賠償責任を認めた事例があります。 この方法は、振動被害や騒音被害のトラブルにも参考になる方法の様です。