【収納が少ない・・・】不動産屋さんの引き出し⑥

1件見て決める人もいれば、10件、20件と見てもなかなか決められない人もいます。 賃貸も売買も月々払うお金を考えれば、お客様も不動産屋さんも常に真剣です。 そこにあるものは一体なんなのか? 物件の魅力の有無?タイミング?もちろんあるでしょう。 最近強く感じることがあります。 『いい物件は探す、、、のではなく、いい物件は創るものだと。』 探すんじゃなくて、営業の人と一緒になって創るものなんです!誰と創るかが大事(笑) いい物件を創るための手助けになれるようなお話をこのカテゴリーでは連載したいと 思います。                                    大橋 登 **************************************** 「広くて良いんだけど、収納がなぁ~・・・」なんて言われることがあります。 特に新築の一戸建てなんかの場合が多いのですが。。。 多くの建売住宅は、床面積の合計が90平米~100平米です。そのなかで3LDK・ 4LDKの間取りを入れるわけです。 上記の平米数からするとLDK16帖、和室4.5畳、洋室5.5帖×2、主寝室7帖に それぞれの部屋にクローゼットを作り、洗面室、浴室、トイレ×2という割り振りに なろうかと思います。 何を申し上げたいかというと、 「広い空間を作るには収納は最小限、VS 広い収納を作ると居室スペースが削られる」 どっちが良いかは個人の好みですが、私なりの見解としては、広い空間を作る方が 後から収納を必要に応じて付け足せて良いと思います。 クローゼットを壊してお部屋を広くするにはリフォームが必要でかなりお金がかかります。 ですが、広いお部屋に家具を置く場合はリフォームほどはかかりません。 必要に応じて増やす、家具も自分好みのものを選べば生活も楽しくなりそうです! 収納が少ないから他の物件へ~、ではなく、その前に家具屋さんのカタログを見ながら お部屋に置く家具を想像をしてみるのも楽しい家探しになりますよ~♪♪ 腰高までの家具であれば、そこまで圧迫感はでません!お試しあれ。 私なら、バリリゾートホテル風の家具で揃えてみたいです、癒されそう(笑) 3995503 では、また                               大橋 登