借家人賠償責任保険について

店舗の仲介にあたって、賃借人が加入を条件とされる損害保険「借家人賠償責任保険」というものが有ります。

仲介の現場において、賃借人が強制加入させられていると思っている事が多く、加入の必要性について理解されてない場合が少なくありません。

今回は、加入にあたって仲介会社として最低限説明すべき事について記載します。

もし、賃借人の店舗が失火起こしてしまった場合、重大な過失がなければ延焼先(他の店舗)の損害は「失火の責任に関する法律」により、損害賠償は免れます。

ですが、自身が賃借している店舗の貸主に対して、原状回復義務の債務不履行責任により損害賠償が発生します

また、同時に加入する事が多い、自身の店舗の什器備品の保険ですが、上記のように逆に他の店舗からのもらい火の場合、失火元に損害賠償請求することは難しく、自身の費用をもってお店の補修等をしなければいけません。

実際、もらい火により、廃業を余儀なくされた方も少なくありません。

この様に、賃借人が費用負担をするものについては、必要性をご理解頂く説明が不可欠です。

聞かれた際に「決まりなので」という回答だけは、仲介業としてしない様にしなくてはいけませんね!