賃貸事務所ご内見時のポイント

最近、事務所移転や新たに新規開業される賃貸事務所のお客様のご案内が多いのですが

そこで、事務所移転、新規開業のご内見時に注意、確認して頂き

たいポイントを私なりに、いくつかご紹介致します。

①ビル自体の電気容量に限界がありパソコンを複数設置できない。

②電気容量の増設は出来るがコストがかかる。

③貸し室内に、柱が多くてレイアウトしずらい。

④天井高が低く圧迫感がある。

⑤エアコンの台数に対して、リモコンが台数分ない。

⑥エレベーターが狭くて1回に少人数しか乗れない。

⑦電源の取出し口が少なく、配線が露出してしまう。

⑧エントランスの照明等が暗い、清掃がされていない。

⑨エントランス等入口にご案内版があるか。

もしくは、袖看板は設置はできるか(必要な場合)、看板料は発生するか。

⑩ビル自体の開閉時間が決まっている。

⑪エントランス等入口にご案内版があるか。

もしくは、袖看板は設置はできるか、看板料は発生するか。

⑫設備等が老巧化している。

⑬採光が悪く事務所が暗い。

⑭日曜、祝日がビルの入館が出来ず仕事に支障がでる。

⑮防犯、警備に問題がある。

⑯他のフロアーはどのような会社さんが入っているか。

 

上記に挙げたビル自体の環境等や無駄な作業や費用が初期費用以外にも発生

しないように心がけることが大事だと思います。