外国人入居者の方とのトラブル対応

皆様 こんにちわ

山本です。

さて、前回の続きの前に今回は外国籍のお客様の入居者の方とのトラブルについて書かせて頂きます。

まず、前提条件として日本に長期間お住まいでない方は日本の習慣,慣習を十分ご理解いただいていないケースがほとんどです。

一番耳にするのが騒音のトラブル、ゴミ出しのトラブル。

我々日本人でも日本の分別は複雑で地域が変わると何曜日に何を?となることも多々あることかと思いますが

来日して間もない外国籍の方にとっては日本語で書かれたごみの収集日時の紙切れ一間にのご案内ではほとんどの方が理解されていらっしゃいません。

仮にご自身で海外に移住することになり その説明がまだ慣れない言語の専門用語で書かれていた場合理解に苦しみませんか?

燃えるごみ・燃えないゴミ・資源ごみ

これらもそれぞれの言語で翻訳し投函するだけでもほとんどのトラブルが解消できます。

お電話説明されても複雑であったり 話すスピードであったり専門用語のところで躓いてしまい 

わかっていないのに「わかりました」となることが ほとんどです。

騒音についても同じです 隣国の韓国ではコンクリートの重厚な造りでかつ、隣の部屋との距離が日本の何倍もあることから夜中に騒いでいてもトラブルにはならないことがほとんどです。

しかしそれらも日本では大きなトラブルになりかねません。日本の慣習とともに日本のマンションの構造上から何時か何時までは配慮いただく旨を記載し投函することで

外国籍の入居者様とも良い関係を気づけることかと思います。

御自身が海外に移住する際にここまでやってくれるとうれしいな!っというところまでサービス業として日本中の業者様が徹底出来れば

さらに国際化の中 日本のサービスに我々不動産業者からその輪を広げていくことができるのではないでしょうか?