【10年後?今でしょっ】不動産屋さんの引き出し⑩

1件見て決める人もいれば、10件、20件と見てもなかなか決められない人もいます。 賃貸も売買も月々払うお金を考えれば、お客様も不動産屋さんも常に真剣です。 そこにあるものは一体なんなのか? 物件の魅力の有無?タイミング?もちろんあるでしょう。 最近強く感じることがあります。 『いい物件は探す、、、のではなく、いい物件は創るものだと。』 探すんじゃなくて、営業の人と一緒になって創るものなんです!誰と創るかが大事(笑) いい物件を創るための手助けになれるようなお話をこのカテゴリーでは連載したいと 思います。                                    大橋 登 **************************************** お客様からの質問で「今買うのと、3年後、10年後買うのとどっちが良いでしょうか?」 今はまだ若く現金が少ない、だからお金を貯めてから買った方が有利だのではないか?と 考える人もいます。 シミュレーションをしましょう。ここでは今と10年後の違いを。 前提条件  ・現在のお住まい;家賃9万円(50平米)2DK ・購入する住まい:3500万円(90平米) ・住宅ローン金額:3500万円 期間35年 ・金利:0.875% ・消費税:10年後は10% 現在 30歳 「今でしょ」派   ⇒ 30歳—————————40歳-【返済総額4070万円】—65歳【完済】 「10年後」派   ⇒ 30歳【10年間の家賃1080万円】40歳-【返済総額4150万円】—65歳【定年時元金分1125万円】                               ↑増税の影響により借入額UP 「1,125万円」の住宅ローン残高が残るというのは、30代、40代の働き盛りの今の人には負担には 感じないかもしれませんが、65歳を迎え体力の衰えを感じていることを想像すると、精神的は負担は はかり知れない。 しかも30歳から40歳にかけて自分自身が歳を取る訳ではなく、子供も大きく成長します。気づいたら 中学生になり塾通いや部活で子どものほうが忙しく家にいない(笑) なんてことを考えると、子供が小さい時に広い家があったほうがベターだと思う人が多いのでは。 賃貸派の方を否定しているわけではありません。誤解のないようにしたいのが、今買うのと10年後 買うのとの違いで一つの提案ですので悪しからず。 ——————————————————————————————— こちらのコラムは関東不動産会サポートメンバーによるコラムです。 記事に関するお問合せ、執筆者に対してのお問合せ等はこちらから もしくは、上記「お問合せ」から、ご連絡下さい。 ———————————————————————————————