不動産取引に不可欠な重要事項説明書

今回は、不動産契約(売買、賃貸)を行う際に必ず必要な宅建取引主任者の資格を持った人に

よる重要事項説明書のお話です。

不動産の購入、賃貸を検討する人に対して、宅建取引業者はその契約の重要事項説明を

行う義務ががあります。

重要事項説明が義務付けられているのは、契約者が不利益を被らない為に行われるのです。

説明を受ける側もある程度、知識があった方が有利ですし、どんな条件が有利でどんな条件が不利なのか

わかる為にも、少しでも知識を知っておくと良いでしょう。

たとえば、マンションは集合住宅ですので、戸建てに住む場合と異なる点が多々あります。

また、重要事項説明を行わない不動産屋さんはまず、存在しないです。

重要事項説明は法律で決められた不動産業者の義務です。

この説明を行わずに契約をするということは、不動産側は違法な契約をしてるということに

なります。

また、重要事項説明は契約者にとって不利益となる事実は記載と説明が義務ずけられています。

重要事項説明書でも例外もあります。仮に不動産屋を通さずに直接、大家さんと賃貸契約をすることが出来る場合には

大家さんには重要事項説明の義務がありません。

この場合は、大家さん側は重要事項説明書を作成する義務もないのです。

個人的に大家さんと直接契約する場合には、自分で契約条件をきちんと確認する事が

重要です。

簡単なご説明ではございますが、少しでも重要事項説明書がどれだけ重要、不可欠かという事がご理解されましたでしょうか。

不動産賃貸、購入の際は契約書の説明の前に必ず重要事項説明書による説明を宅建取引主任者から

説明を受け理解、納得した上で押印をしましょう。

間違っても、印鑑を渡して説明も受けず押印してもらうなんてことはしないで下さいね。