店舗の契約期間前解約の特約

事業用建物賃貸借契約では、何らかの理由により賃貸借契約期間より相当前に契約を締結する場合があります。

しかし契約書の条項では、賃貸借契約期間中の解約の定めはあっても、契約期間前の解約の定めはない場合がほとんどです。

ですが事業用の場合、稀に契約は締結したが企業の事情により、契約期間前に解約をしたいというケースを見る事が有ります。

この場合の契約期間以前の解約の場合は、その様な条項が無いため、「契約期間以前の解約は出来ない」といった解釈になります。

事業用賃貸借契約の場合、一度契約をすれば当然契約書の内容に副って履行しなければいけませんから、契約期間の開始を待って解約の手続きをすることになります。

もちろん致し方の無い事なのですが、契約期間より相当前に契約を締結した場合、契約期間前解約の特約条項もあったほうが、感情的トラブルを避けられるかもしれません。

我々、仲介業者は宅地建物取引を円滑にするためにいるのですから・・・・

———————————————————————————————

こちらのコラムは関東不動産会サポートメンバーによるコラムです。

記事に関するお問合せ、執筆者に対してのお問合せ等はこちらから

もしくは、上記「お問合せ」から、ご連絡下さい。

———————————————————————————————